ゆふがほ きらら のすべての投稿

10月21日舞踏報告

秋
10月21日 土曜日  4時から

龍宮城  ライブパフォーマンス
深い海の龍宮城の四方に広がる四季の風景の中
いのちの舞をさせていただきました。
悪天候の中でしたが
いろんな方面から
集まってくださりありがとうございました。

今回は
映像を駆使した空間に
感じた皆さんのそれぞれがあったようでした。
私は肉体と精神のつながりを意識し始めた、
20代からヨガを始め、舞踏につながりました。
きらら舞踏は、ヨガの鍛錬から生まれた
肉体と精神を繋ぐ神経による動きです。

冬

秋・・・臍の緒のつながりから
    内臓を取り出す舞
    うしなってはじめてわかる慈しみ
冬・・ 深い地底でうごめくいのちたち
    耐える舞
春・・ 神経のつながり
    へそから末梢まで
夏・・・絶望と希望

自分の体からつながる神経
いのちの連鎖
そのありようをた人も、それぞれの感想をいただきました。
一感想として付記します。

きらら娘です。
きらら舞踏を見た一感想です。

春

今回の龍宮城舞踏のテーマは『四方四季』でした。
始めに浦島はニシキテグリに乗って深海にもぐり、
乙姫と出会います。
『四方四季』の最初は秋のシーン。ここはまさに二人の出会いのシーン。
互いに気が合って、たくさんお話したりしてだんだんと仲良くなります。
二人は時間が経つのも忘れて毎日楽しく過ごしているのです。
次の冬のシーンでは、二人は愛を確かめ合います。
お互いに内面から見つめあい、「この人といて幸せだろうか」
「楽しく暮らせるだろうか」「どんな人なのかな」という風に
相手を知りたがっています。
そして、次の春のシーンでは、お互いの恋心が本物であることに気づきます。
お互いを求め合い、恋をする。
桜の花が舞う小道で二人はデートをしています。
そうしていくうちにだんだんと惹かれあっていき、
二人の気持ちは高ぶり、踊りだします。
時の流れを忘れ無我夢中でおどり続ける浦島と乙姫。
しかし、その楽しい時間も突然終わりが告げられます。
春のシーン終盤の激しいベースの音。
あれは乙姫の使いの者の怒りの声を表します。
陸の人である浦島と深海のひめである乙姫。
二人は結ばれてはいけない同志なのです。
姫と一般市民という風に、身分も違います。
夏

夏のシーンに切り替わる前のシーンで、乙姫は
浦島に玉手箱を渡します。
その箱の中には、「振り向かないで」と一言だけ書かれた手紙が
入っていました。
乙姫が浦島を思う気持ちは本物でしたが、
二人の恋は叶いませんでした。
彼女は、せめて自分とであったことは忘れて欲しい。
未来ある若者である浦島にはきっと新しいいい人が見つかるはず。
その願いを立った一言に託したのです。
振り向いてしまえば、浦島が二度と自分の世界に返れなくなってしまうと
思ったからです。
浦島は、その手紙どおりに一度も後ろを振り向かずに帰りました。
しかし、陸についた頃乙姫とともに龍宮城で過ごした楽しい日々が
走馬灯のように駆け巡ってきました。
乙姫に会いたいけど会えない。浦島は許されぬ恋に苦しみます。
それが、最後の衝撃的な夏のシーンです。
乙姫に会いたいきもちが日に日に強くなっていく。
井上陽水の曲の激しいベースの音。雨が降りしきる音。雷の音。
これらは全部浦島の心の内を表します。
浦島は、年を取らなかったぶん、乙姫に対する恋の未練に苦しみます。
病んでしまうほどに。
KIMG0212-s
この続きがハッピーエンドになるかどうかは次の舞踏にかけます。
それは浦島が絶望(どん底状態)から這い上がり、
乙姫との約束どおりいい人を見つけ、
乙姫と過ごした日々の楽しい思い出をかき消すぐらいの
良い思い出を作れるかどうかにもかかっています。
浦島が新しい恋をすればきっと彼にとっても幸せな暮らしが
待っているでしょう。
だからあえて乙姫は浦島に“老い”という呪いを
かけませんでした。
彼には又新しい人生を歩んで欲しい。希望を見つけて欲しいと願って。

次回11月25日4時から
龍宮城  ライブパフォーマンス
PartⅢ
四方四季の間

映像:シャンカール
舞台設営:まー
衣装:テル
カフェ:みー&そら
カメラ:海
絵画:龍

KIMG0214-s
追伸
打ち上げの様子は秘密にしたいくらい楽しいものでした。
しんかい6500の加藤博士の歌声
ボブディラン風のハモニカ&ギター
一研究者
一感性人

ありがとうございました。

2017年10月21日 龍宮城  四方四季の舞い お誘い

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
冬に向かって収斂の秋
皆様いかがお過ごしでしょうか?
今年は毎月のように舞踏をし
せわしなくお誘いしてすみません。
いとうファミリー変わり目。
ヨガ道場鍛錬の坂登の年。
そしていろんな出会いの年でしたので
つつがなく消化吸収、バランスを保ち、
自然体で、ことが進んでいけますように
秋10月21日、11月25日の2回の舞踏は
深海の龍宮城での出来事を踊りたいと思っています。
それを以って一回きらら舞踏を閉じさせていただきたいと思います。
是非ご都合がつきましたら
お運びくださいますようお願いいたします。
r4
日時:2017年10月21日 午後4時から
場所:秦野ひまわりヨガ道場 2階リラグゼーションルーム
ライブパフォーマンス 龍宮城
PartⅢ 龍宮城四方四季の間
皆さんを龍宮城四方四季の間にご案内しますは、
伊藤龍の脳髄から生まれた魚たちでございます。
きらら舞踏は、ヨガの鍛錬から生まれた
肉体と精神を繋ぐ神経による動きです。

秋・・・うしなってはじめてわかる慈しみ
冬・・忍耐・地底に眠る生き物たち
春・・天に延びるエネルギー→神経の動き
夏・・・絶望と希望

体から発信するものに
あるがままそのまま
やわらかく踊りたいです。

チケット
当日    1500円
前売り・予約 1300円

ひまわりヨガ道場の駐車場

ひまわりヨガ道場の駐車場

会場:秦野ひまわりヨガ道場
神奈川県秦野市堀西858-1
小田急線渋沢駅北口バス2番、堀川停留所徒歩5分
車アクセス:東名秦野中井下車、左折夢庵左折、どん詰まり
左折、堀川交差点過ぎすぐ右折、一方通行どんずまりまっすぐ
フォレストコートアパート横、ひまわりヨガ道場

予約問い合わせ
yufugahokirara@jcom.zaq.ne.jp
又は
info@himawari-yoga.com
090-7196-2751(きらら)

呼吸法ヨガ  お誘い

呼吸法110月16日月曜日
10時から
呼吸法ヨガ行います。
講師:ゆふがほきらら
会費一般;1500円 ひまわり会員1300円
於:秦野ひまわりヨガ道場2階リラクゼーションルーム
定員5名
現在残り2名です。

生きることは息をすることです。
ほとんどの人は口からの浅い呼吸だけで
横隔膜をほとんど動かしていません。
そして息を吸うと、肩が上がって首を絞めていたりします。
このやり方では、酸素がうまく取り入れられず、
肺のてっぺんしか使われないため
活力に欠け、自然治癒力も低下してしまいます。
呼吸法2
1 姿勢
まず正しい姿勢から始めましょう。
椅子や胡坐・正座の場合
腰の付け根にだけ軽く力を入れて
骨盤の上に、スーーと上体が乗っかってる
という状態
2 鼻呼吸
鼻が詰まっていなければ口を閉じて
なるべく鼻呼吸。
鼻から息を吸うと空気があたためられて濾過されます
生命エネルギー、プラナが臭覚器官を通して
中枢神経及び脳にまで達します

3 おなかのこきゅう
肺全体を働かせるように動かしてみる
そして息を吸い、
次にゆっくりはいてみる
息を吸うとおなかが膨らみ、
横隔膜が下がり、腹部及びみぞおちがマッサージ
息を吐くとおなかがへこみ
横隔膜が上がって
心臓や肺のマッサージが行われる

上手な呼吸は
おいしい栄養を取ることです
周りのつぶをいっぱい引き入れて
体の栄養にしてゆくには
体の中の組織が柔らかい方が通りやすいのです

4 イメージ=呼吸感応体
イメージ力をつけて呼吸してみよう
そこでストレッチを施します。
このとき
風景を思い出してイメージでjからだの呼吸を深めてゆきます。
石や木にたまったゴミを吐き出すためには
心地よい川のせせらぎがないといけません
前屈しながら
おなかの呼吸を通して背骨に詰まった
ゴミを流すように息を通しましょう。
背骨に併走する神経が
あちこちにつながり始めると
首や肩のつまりが楽になっていきます。
このよううに
思い浮かぶ風景を体の地図に載せると
地図はどんどん広がって
地球
宇宙
いのちのつぶを感じてゆきます。

呼吸法がうまく行われるようになると大どんな動きも
上手に筋肉や管が使われるために
疲れやすいからだが改善させます。
やる気の無いときも
ふーーとかぜを通して
前向けるようなかんじ
不安や集中できないときも
自然体になって楽に今を過ごすことができるようになります。

ひまわりヨガ道場では
この秋から呼吸法をやり、
かなり体や感覚が
研ぎ澄まされてきた方が多くみられます。
この機会に是非体験してみてください。

尚この日は
一階のライブ部屋で
つぶカフェを行っていますので
ヨガ参加不参加関係なく
お食事・お茶タイム楽しんでいってください。
リラックスマッサージ希望の方は
予約申し込みお願いします。
1回2000円30分
足湯(+200円)+
ハンドマッサージ・首肩サービス
施術:太田陽子

ひまわりベビーマッサージ&リラックスケア お誘い

image1皮膚は大事な感覚受容器
皮膚からいろんなサイン
もらってください。
秋は寒さにつながる道の中で
冬対策をするときです。
風邪は風の邪が方や首筋等弱くなったバリアから
侵入しやすいので
皮膚の防御バリアをママの癒しの手でつよくしてゆきましょう。

10月限定の太田陽子ひまわりマッサージ
みなさんおあつまりくださーーい!!

ベビーマッサージについて
10月限定です。残る2回のベビーマッサージ講座

FullSizeRender(1)
日時・・2017年10.13(金)
・・・・・・・・・・・・・・10.27(金)
11時15分から12時まで
場所 秦野ひまわりヨガ道場
内容 あかちゃんのあんよ?足裏のマッサージ
費用 1000円(オイル、おしっこシート代込み)
持ち物
バスタオル、お気入りのおもちゃ、
水分補給用の飲み物(母乳、ミルク、麦茶など)

リラックスケア
ベビーマッサージ後13時から15時まで
@秦野ひまわりヨガ道場1階
“つぶカフェ”にて
FullSizeRender
内容…ハンドケア(30分)
費用…2000円(オイル代込みひまわり価格ひまわり)
image1
対象…子育て真っ只中のママさん、お仕事、介護などなど…
みんなそれぞれいろいろありますよね。。
がんばってるみなさん、
これからいろいろがんばりたいと思ってるみなさんどなたでも。
(先着5名様まで)

もちろんつぶカフェオープンしております。
ランチのみ
お茶のみ
どなた様も大歓迎です。
FullSizeRender(1)(2)(3)(4)
メニュー
ヘルシーランチ  1000円
デトックスカレー 1000円
きままおやつ   300円
ソフトドリンク  200円
コーヒー・紅茶  380円(お食事やおやつオーダーされた方は200円)

駐車場等必要なときは連絡ください。
090−7196−2751(きらら)

10月ひまわりヨガ道場 つぶカフェ お誘い

OLYMPUS DIGITAL CAMERAとても温かい雰囲気で
皆さんが集ってくれて
一人でのんびりと、、、
みんなでわいわい、、、
みなさまそれぞれで
それぞれのシーンに
娘の天と心地よい風を感じ
カフェやれる幸せ感じています。
時々水槽の前に現れて
ぼのっとしている龍も
龍水族館に集まってくれる皆さんを
心から感謝しています

秋のつぶカフェ~癒食同源~
夏にもらった気のエネルギー
冬に向けて
体の中に収めてゆく
収斂の秋
1506902399148
心静めるイベントとお食事用意します。
体や脳、ミトコンドリアを活性化させ
免疫力を高めてくれる食材
ビタミン、
抗酸化作用、老化防止血液浄化
便秘・冷え性改善
かぼちゃ。ゴマやまめを使って体を温めるメニュー考えてまーす。
お楽しみに!!

♪10月つぶカフェスケジュール
6日金曜日 13日金曜日
16日月曜日 21日土曜日 舞踏4時からディナータイム
23日月曜日 27日金曜日 
30日月曜日
舞踏の日以外は午前11時30分~午後3時まで
デトックスカレー
ヘルシーランチ かぼちゃのスープ+野菜たっぷり料理煮物、
揚げ物、酢の物、サラダ5種類
玄米か十六穀米

♪イベントは
3日太田陽子のベビーマッサージ
ママヨガ終了後11時15分から

16日呼吸法ヨガ
10時から定員5名まで
c17-s
21日舞踏は
今回は龍宮城の四季の映像の中での舞い
初めての試みに挑戦します。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

駐車場は我が家、堀植木センター2台分(自販機並びおくから2,3台目)
岩田さんの宅3台、桂林寺南側
分からないときはご連絡ください。
きらら090-7196-2751
そら 090-6122-6290