屏風ヶ浦つぶおどり

飯岡灯台から眺めた旭
飯岡灯台から眺めた旭
  屏風ケ浦スケッチ

12日、日曜日
スタッフ三名と一番下の海と屏風ヶ浦下見しました。
支援の会平塚四郎さん、高橋さんが出迎えてくれて、
誘導・案内してくれました。
屏風ヶ浦に立ってどんな発想が生まれるか・・・そんな期待もあって、
今回のつぶおどりは、
仕掛け(演出):首くくり栲象(たくぞう)、音:佐々木征(まさ)
に介添えしていただくことにしました。総監督:佐藤正敏。
栲さんは、切りたった岸壁と白波の海の間を、無言で往来し
征さんは、地元の人とお話ししながら、屏風ヶ浦をみつめる。
飯岡灯台からも九十九里から広がる旭を眺めました。

そのあとは、支援の会・町おこしメンバーがわいわい集まり
栲さんの発想から地元の人の輪の発想がどんどん広がって
まるで屏風ヶ浦に集めるエネルギーの渦のよう。
帰りの特急電車はさらに渦の記憶を運んでくれました。
25日本番は、屏風ヶ浦にどんな渦が巻き起こるか。

  屏風ヶ浦できららがつぶおどりをしたいわけ

屏風ヶ浦
屏風ヶ浦

2011年5月  はじめて千葉旭市飯岡に来ました。
わたしののっていた自転車やヨガ周りで集めた支援物資を持って。
九十九里の浜には津波で流された箪笥や勉強机など、
うずたかく積まれていました。
根こそぎもってゆかれた家の跡に、手向けられた花が、
海の風でやさしく揺れていました。
そして屏風ヶ浦に立った時、足がジンジンしました。
磁力の乱れる場所は、
そのまま地のエネルギーの高い場所ということでしょうか
むしょうに、つぶ恋しくなる土地です。
わたしはここに呼ばれたんだな・・・と
引っ張られたことを確信しました。
それから、被災された方たちと、ヨガ教室を行うことになりました。
小さな子から88歳のお年寄りまで、
いろんなつぶと交流し合う楽しいひとときです。

地のエネルギーが、たかいからこそ、いろんな渦が巻き起こる。
大原幽学の生活の場であるからして、
支援の会平塚四郎はじめとする義理がたい学者肌人間、
飯岡助五郎の生誕地、座頭市の想を得た場所であるからして
磯野はじめとする人情芸人世界、、、
それぞれのエネルギーがまじりあい、ぶつかりあい、渦をつくってゆく・・・

陸の果て、海の果て、
押し寄せあう白波の強さと、天にそり立つ屏風の気高さと
そこに集まるつぶのひきあい、渦巻くエネルギー

この土地にであえたことのからだの喜びをまっすぐかんじたい。

ゆふがほ きらら

第2回秦野ひまわり養生ヨガ報告

夜、かわいいヒヨドリのひなが、ヨガ道場に舞いこみました。
初めはおびえていましたが、しばらく抱いていると、
胸の中でうっとりし始めました。
暗い夜にかえすのはせつなかったので、
その晩は家の中でねかせました。
朝になってお母さんとお父さんが窓に接近して激しく鳴き、
ヒヨドリは、帰ってゆきました。
あれからヒヨドリがよく来て歌ってくれます。

さて、ヨガの報告です。

第2回秦野ひまわり養生ヨガ

今回は、お盆休みで帰省ということもあり、避難者の参加者は少なく、
スタッフが充実している会でした。
スタッフ入れて10名。

勇太くんのマッサージは人気で,スタッフにもやってほしいコールが続きました。

ヨガは暑さの中でぐっと踏ん張れる、四股踏み、お相撲に立ち合いの前にやる
蹲踞(そんきょ)のポーズや気合いのポーズ、
おなかから声を出しながらやれるポーズをみんなでやってみました。
その日は朝から暑くてだるかったけど、
みんなでワイワイヨガすると心地よい汗が出て、
元気が出るものです。

みなさんも、やる気が出なくて、だらだらっするときは
気合い方で、肚(はら)に力を入れてください。
①足を少し開いてすっと立つ。
②親指を中にいれ、4本の指で締める。ドラえもんの手。
③手を後ろに回すとともに、つま先立ちになり、上に伸びる
④はっ、、、と大きな掛け声とともに息を一気に吐き、腰下げ、
グーの手を脇を締めてひじを曲げ手前に出し、息を溜める。

それから、畑でのどを馴らしている歌姫、みかねえが、
♪見上げてごらん♪とオリジナルの♪やまやま♪を歌ってくれて
さらに、場がほぐれました。
秦野に移り住んで一年。それぞれの家の悩みがあり、
でも土地になじもうとしている姿を
自分の何年か前と照らし合わせていました。

畑のまり子さんも駆け付けてくれて、
今度やる納屋でのお芝居の招待券を手渡してくれていました。

どんなところで何が生まれるかわからない
そんな可能性を秘めていろんな人が混じってくれるといいなと
思っています。

今後の秦野ひまわり養生ヨガスケジュール
第3回・・・9/17(月)敬老の日 13時から
第4回・・・10/8(月)体育の日 13時から
第5回・・・11/11(日) 午前10時から12時まで

於:社会保険福祉センター

ゆふがほ きらら

屏風ケ浦のおてんとうさん 告知

2012年8月25日 土曜日 17:30ころ 
千葉県旭市飯岡下永井(飯岡灯台下)海岸

   つぶつぶ踊り
  屏風ケ浦のおてんとうさん

2011年5月に、飯岡を訪れた時

なぜかビンビン引っ張るものがありました。
それがなにかわからないまま支援物資を運びました。

流された家 海辺の風が揺らす手向けられた花びら
水平線に広がるシンフォニー

壊れた家、飛び込んだ時計屋さんは
土間が広がり、なにもないまま、
声の出ない奥さんが出迎えてくれました

ムンクの声のない叫び

うずを巻いた空間で
足ががジンジン震えました。
わたしというこころやからだを越えて、
迫るものはいったいなんでしょう。

羅針盤がぐるぐると回る時空で
中心を探る臍の緒

いのちのつぶ
ゆれてゆられてうまれるつぶ
寄せては返す波の呼吸
陸の果ての海に、、
小さな日本の陸のたまり場所
房総半島にたまったエネルギー

2012年8月夏の終わり
なぜかわかないけど、寄せ合うエネルギー
つちのえねるぎーをかんじるままに
人情とか、生きるとか、あるがままに、おどりましょう。

出会えたいのちの喜びに感謝。
海に祈りと鎮魂を。

     うみ
         すてき
      いのちのつぶ

     こわいつなみは
     おっぺしておくれ

はいりたいひとはいっしょにどうぞ。

舞踏つぶ:ゆふがほきらら
飯岡のつぶ:飯岡の仲間
音のつぶ:佐々木 征(まさ)
イラストつぶ:ゲジドンみなみ
仕掛つぶ:首くくりたく象

主催:面白くて為になる会
協力:秦野。港区ひまわり&千葉飯岡同志

屏風ケ浦のおてんとうさんチラシ

ゆふがほ きらら

2012年8月秦野ひまわりヨガスケジュール

        
        葉月 入道雲 穂張り月

    こまめに汗かき  さわやかな風ながしてゆこう♪

  
●月曜日クラス 午前10:00

      6,13,20,27

●火曜日クラス 午前10:00?

      7、14,21、28 
       
        午後7:00から 夜ヨガ
       
      7、14,21、28
            
●水曜日クラス 午前10:00?、11:10?(子連れOKママヨガ)

      8,15,22,29

        午後1時 リラックスヨガ(1時間です)

      8,15,22,29 
              
●金曜日クラス 午前10:00から
          
        午後3時から(ソフトヨガ)

      10,17,24,31 
 
        午後7時30分から(THE YOGA)

      10,17,24,31  

●土曜日クラス 午前10:00から

      4,11,18,25
        
※今月の秦野ひまわり養生ヨガ(社会保険福祉センター)8/5(日曜日)
※子連れOKママヨガは、2回のコースにしています。1回目は午前10時から2回目は11時10分から入れ替え制でおねがいししています。 ※一般クラスは、レッスン時間は、1時間30分から、2時間です。
水曜日リラックスヨガと金曜日ソフトヨガ、金曜日夜ヨガは、声掛けものんびり
と、レッスン時間も1時間程度です。マタニティー、病中病後、あぐらができない・精神的に不安定などどなたでも参加できる形でやっています。ご相談ください。
※全クラス完全予約制です。どのクラスに入ってもOK。メールまたは電話で連絡ください。
 特に水曜日ママヨガとリラックスヨガ、金曜日の夜ヨガは前日までに連絡いただけるとありがたいです。
※水曜日午後1時から
リラグゼーションヨガのクラスのんびりやっています。ヨガなんて無理なんて思っている方からだの向き合い方は自由です。あなたの体に合わせたヨガ、声がけもゆっくりで、瞑想と呼吸法をたっぷり行います。皆さんの体の調子を聞きながらゆっくり進めますので、マイペースなヨガタイムぜひ味わってくださいませ!
※その他意見質問、からだや心の悩み、ありましたら、お気軽にお話しください。
メールでも承っています。
※2012年より麻ちゃんのアロママッサージ(大好評!)水曜日に変更になります。予約はお早めに!
※季節の食材使ったランチについては、お問い合わせください。その都度対応しています。
※麻香マッサージ水曜日月2回整体1時間4000円アロマ5000円
 村上勇太マッサージ火曜日午後手技30分2000円 1時間5000円

予約問い合わせ先
メール:yufugahokirara@yahoo.co.jp
0463-88-5936
090-7196-2751

ゆふがほ きらら

千葉飯岡養生ヨガ報告ひまわり

飯岡ひまわり養生ヨガ報告

7/29日曜日
3カ月に一度の季節便ヨガを行いました。

今日は飯岡福祉センター、飯岡仮設住宅となりの大きなホールでヨガやりました。

秦野ひまわりヨガでパワーストーン手作りしてくれる真由美さんが、
サプライズの磁気ブレスレット60個を作ってくれました。
当日、福祉センターに居合わせた人たちに声をかけてくれたこともあって
集まってくれた方スタッフ入れて60人。
真由美曰く「何故に、こんなに数が当てはまるの?」

それから、マッサージも麻早子さん、久江さん、勇太君と、ゴッドハンド持つ輩が集まり、
総勢30人をそれぞれの手技で癒しました。

ーーーーひまわりのちえぶくろーーーーーーーーーー

7/23大暑タイショ 立秋8/8までのあいだは夏の土用。
ヨガは椅子ヨガで、身体感覚をつけるヨガをしました。
内臓の位置も、志向も、嗜好も、千差万別。
だからこそ愛すべきからだ。

暑さで内臓もくたびれているから
内臓がおさめられているお部屋に風を通すのだ。
飯岡のみなさんと完全呼吸法をやってみました。
おなか→むね→かた→くび、と伸ばしながら、
それぞれの空間を作りました。
エアコンが効かない熱いホールで一斉にやると
見事にリズムにからだが乗っかりました。
立って、タオルを使ったヨガもやってみました。
普段お風呂で使っているタオルのように
首、肩、背中、腰
マッサージ含めて、脊柱起立筋伸ばしました。
足首手首を緩ませて、中心力をつけてゆけば
免疫力も上がるはず。

最後は気功ダンス
朧月夜で自分の愛する故郷を思い出しながら
気にのっかるからだのうねりや揺れをかんじてみました。
こころを整えようとするより
気にのっかることで、こころの向きを感じることです。

身体感覚をつけるヨガは、自分のからだが気にのっかった時に
身体から、いのちの叡智を教えていただく、、、

瞑想の時になったら、だれともなく
椅子から離れ、床に寝そべってくれました。
からだが欲するままに。
誰かに促されるということではなく。

飯岡の人たちと培ってきたヨガは
自然の道筋で気の流れが生まれてゆく。
そこにそれぞれが乗っかるだけ。

ヨガが終わり下澤ベートーベンのピアノ演奏。
みんなお茶を飲みながら、飯岡の風を感じながらのひととき。
すごい和んだ。
なぜって下澤さんがこころから弾きたいからだになっていたから。
会場片づけの時にも、下澤奏でるピアノがBGMになっていた。

ピンクやブルーの紙に包まれた磁気入りブレスレット・・・
リフレクソロジーやそれぞれの整体術・・・
身体からあふれるやさしいピアノの音色・・・
会場を見守る平塚四郎さん、ゲジドンみなみ、高橋区長、支援の会のみなさま
それぞれが、千葉飯岡養生ヨガの場に気持ちの良い風を流してくれていました。
ネコマケさんのチラシ応援も効いています。

第一回きららヨガ季節便(夏版)無事終えることができました。
帰りの車の中、美しい夕陽を見ながら飲んだビールが五臓六腑に染み入りました。

8/5は秦野にお住まいの福島・仙台・宮城の方たちとのヨガ。
今日飯岡の人とつなげた、つぶ、お渡ししますね!

ゆふがほ きらら